成長する人はアウトプット重視型

Pocket

この記事の所要時間: 325

ナンパ講習をしていて、思うのは「成長する人はアウトプットを重要視している」ということである。

 

 

平たく言えば、知識を詰め込むのはほどほどにして、インプットした知識を再現することに価値を置いている

 

 

成長する人ほど、この原理原則を理解している。

 

 

理由は単純で、ノウハウを頭に入れただけでは、それを実演することは不可能であり、「再現すること」を意識して初めて、使えるレベルの武器に成り得るからだ。

 

 

けれど、人はどうしても「インプット」に時間をかけがちである。(しかも、ほとんどの時間を!)

 

 

昔の私もそうだった。いわゆる「ノウハウコレクター」というやつで、ナンパ商材を一日中聞きあさるという日々を送っていた。

 

 

その癖に、ぜんぜんストリートに出ない。ひたすらに音声を聞きまくる日々。

 

 

聞いてるだけでノウハウが身に付くはずがないのは、少し考えれば誰でもわかることであるが、当時は「(こんだけ聞いてるんだから、めっちゃナンパスキル伸びてんだろうなぁ)」という謎の達成感を感じていた。

 

 

しかし、街には出ない。

 

 

この時の心理として、「完璧になってから街に出てやった方が、傷つかないですむでしょ」という想いがあったと思う。

 

 

結局は、“逃げ”である。

 

 

“スキルアップしている途中だからサボってはない”と自分に言い聞かせながら、ただ実践で傷つくのを恐れていただけだったと今は思う。

 

 

インプット重視や、先延ばし癖のある人は、基本的にこの“逃げ”の思考が根底にある。

 

 

それっぽい言い訳で自分を正当化できちゃうから、なかなか気づかない。

 

 

「実践で戦えるために、まだまだ知識を入れなきゃ!」と思って、どんどん家に引きこもる。

 

 

そして、深い内容に入ってくると、「あれ、こんな難しい話、はじめて見たぞ。まだまだ勉強が足りない・・・」となって、自信がなくなってくる。笑

 

 

インプット重視派の弊害である。

 

 

根底にある“逃げ”のマインドから、知識を集め続け、その結果自信を喪失するという負の連鎖は、けっこうあるあるな話であり、学習意欲が高い人ほど陥りやすので気をつけなければいけない。(昔の私。。)

 

 

なので、この機会に“アウトプット派”になることをおすすめする。

 

 

実は、アウトプットを重要視することで、インプットのスキルも上がる。

 

 

なぜなら、アウトプットをすることで、知識が整理され、新しい情報を入れる際に知識が散らからずに頭の中に入ってくるからだ。

 

 

インプットばかりだと“わかったつもり”で知識を蓄積していくので、結局仕入れたノウハウが理解できずに、脳みその容量だけ埋まっていくが、アウトプットに価値を置くことで、この泥沼から脱出することができるのだ。

 

 

例えば、学んだノウハウを実際に街で声をかけて使ってみるとか、自分のナンパブログやツイッターにまとめるとか、その程度のアウトプットでも全然結果は変わってくるので、簡単なところからぜひ始めてみて欲しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です